はじめてのバイト、ラーメン屋

高校に入学してすぐに、友達とバイト探しの旅にでました。旅と言っても、学校から家の近所にあるお店を周るだけですが、当時タウンワークなど求人案内誌の存在を知らなかったので、よさげのお店に入って、単刀直入にアルバイト募集してますか?と聞いてまわっていました。
そして見つけた、私の生まれて初めてのアルバイトはラーメン屋さんでした。
お店が求人しているということだったので、次の日に履歴書を持っていきました。そしてその場で合格。次の日からバイトが始まりました。
場所は運よく家からラーメン屋まで約300メートルくらいの距離。自転車を使うまでもなかったのですが、少しでも遅れることが嫌だったので自転車でした。
メニューもそこまで多くなくすぐに覚えることができて、はじめての「いらっしゃいませー」がすごく恥ずかしかったのもいい思い出です。
アルバイトの方がほとんど女性の方たちだったのですぐに慣れました。週末はいつも忙しいお店でしたので、お昼と夜、ダブルで働くのが週末の日課でした。
なぜ、アルバイトをしていたのかというと、とにかくお金が稼ぎたかったからです。別に何かを買うために貯めたかったからとかではなく、
自分でお金を稼ぎたかったからです。母親も当時パートをしていたので、そんな母の姿を見てそう感じたのかもしれません。
でもおかげで自分の携帯代は自分で払えたし、好きなものも買えたし、ついでに貯金もかなりできました。でもただ単にバイトというお仕事に
若干憧れがあったというのもあります。友達が「昨日9時までバイトだったー、疲れたー。」なんて言っているのを聞くとなぜかカッコいいなーと思ってましたので、
稼ぐのはもちろん、働いている人間への憧れだったのだと思います。

そんな学生時代を送ってきました。今は結婚をして専業主婦をしています。まだ子供が小さいので働きに出ることができないです。

旦那の給料が安い(http://xn--n8jp4goa0796ci7lmpa771mngxb.com/)のが今一番の悩みで、仕事内容とお給料が絶対に釣り合っていないと思うんですよね。。。仕事変わった方が・・・っていうのですが、それは嫌がるので((+_+))

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>